サッポロシンフォニックバンド
2017/05/28更新




■バンドプロフィール

サッポロシンフォニックバンドは1971年に活動の礎が築かれた吹奏楽団で、2011年に創立40周年を迎えました。
現在約70名が在籍中(社会人が9割以上、学生1割未満)。
毎週土曜日に札幌市北区内にある屯田地区センターなどで練習を行っています。
クラシック中心に幅広いジャンルの演奏活動をしており、その響きは「シンフォニックサウンド」と呼ばれています。
年に1度の定期演奏会を開催している他、主に北区管内において自主コンサートなどを開催しています。
吹奏楽コンクールには一般B編成で過去数回出場したほか、アンサンブルコンクールにも数回出場しています。


★Explanation in English is here


★ブラスバンドを応援するフリーマガジン「Brass×Brass 2015年6月号」(pdf)に紹介されました。


【演奏会ダイジェスト】

2009年9月27日 第37回定期演奏会(札幌市民ホール)  クリックで再生


【ビデオ・クリップ】

2011年2月26日 NHK・この街きらり☆  クリックで再生



■鈴木栄一


東京都出身。中学1年より吹奏楽部に在籍しクラリネットを始め、編曲、指揮、他の管楽器も学ぶ。その後クラリネットに専念、故大橋幸夫氏に師事し、この頃瑞穂吹奏楽団を設立、指揮を始める。
国立音楽大学クラリネット科に進学、卒業後ヤマハ・バンドデレクターズコースに進み、故兼田敏氏、保科洋氏、原田元吉氏、大橋秀丸氏、広岡徹也氏などに師事。
卒業後から昭和59年3月まで北海道、同年4月から東北、平成4年4月から大阪、沖縄、平成9年8月から平成21年8月まで北海道のバンドディレクターとして活躍。
平成22年4月からは、自らのクラシックアレンジ作品を提供している(ティーダ出版扱い)。
サッポロシンフォニックバンド創立時より指揮者、編曲者として指導にあたっています。

鈴木栄一編曲集(pdf)

演奏会のお知らせ

戻る